無線LANは比較的安い

subpage01

無線LANは今ではパソコンには基本搭載されています。インターネット黎明期にはまだインターネットへ接続するハードが基本搭載されていませんでしたが、windows95の発売で、インターネットへ接続するソフトウェアが簡単に手に入るようになったため、徐々にパソコンにも有線のLANアダプターが基本搭載されるようになり、外見上のLANコネクタが確認できた。

インターネットのwebブラウザは当初windows95に基本でついていなかったが媒体からダウンロードしてインストールして対応していた。


その後、windowsに基本で入るようになって、爆発的にインターネットが普及しました。

この頃には無線LANの存在はほぼ知られていなかったが、携帯電話も普及が進むなか、無線の利便性が確認されていたため、徐々にLANも無線化が進められていました。



家電量販店でも無線LAN機器がおかれるようになり、一般にも知られて来たが、まだ手軽に買える安い商品ではありませんでした。



その後、有線LANと無線LANは立場が逆転し、無線機器は格安といえる安い商品になります。

一方、ハードだけではなく、サービスの方でも低価格が進み、ただの公衆無線LANや外国人旅行客向けの民泊wifiなどのサービスも月額3000〜4000円で契約できる時代になり、パソコンをも持ち歩いて使えるようになります。


これからの安い無線機器を使うiot時代がさらに後押しして低価格化が進む見込みです。