無線LANは安いです

subpage01

インターネット黎明期にはLANもバス型だったため、10base-2や10base-5という規格のLANケーブルが使われていました。

バス型では、そこのセグメントに属するコンピュータのうち同時に一つしか通信ができません。



そのため、csma/cdというデータ通信が衝突しないような仕組みが活躍していました。ただし、この環境だと、コンピュータの数が多くなった場合に対応できないので、その後LANの環境はスター型へ変貌を遂げていきます。スター型のLANでは、スイッチまでの区間にコンピュータが一つしか存在しないため、衝突の心配がありませんので、csma/cdという仕組みは間もなく要らなくなり、LANの規格からも削除されました。



95年にはwindows95が発売され、徹夜組も出たくらいの人気を拍車し、いよいよインターネット時代が到来という頃、有線LANに対し、ケーブル要らずの無線LANが徐々に知られるようになりました。


この頃のパソコンには無線LANのアダプターいわゆる子機は搭載されておらず、有線のLANコネクタがついているだけで良いとされていましたが、少しずつ無線LANアダプター搭載モデルも増えていきます。無線LANアダプターが基本搭載されていなくても、家電量販店では子機を売り初めていたため、購入し増設することで対応できます。ただ、価格がまだ高かったので、お金に余裕がないと手を出せません。


今では安いものがたくさんあり、市販の安いアダプターを手軽に購入できます。



今後も安い無線LANはさらに価格を下げていくと考えます。